hiphop情報MUZIK

イースト・コーストhiphop

NYを中心としたアメリカ東海岸沿いのヒップホップスタイルです。

スタイル

初期のスタイルはオールドスクール色が強いものと考えたほうがいいと思います。RUN-D.M.C.などの優れたアーティスト達は、独自の着眼点の鋭さやフレッシュさを磨いて、ヒップホップを作り上げた人達を上手にお手本にしています。こうして、より鋭くタイトなビートや屈強なライミング・スタイルが生まれたのです。

HIPHOP発祥の地イーストコースト

LLクールJ、KRS-ONEがこのイーストコーストです。ヒップホップ発祥の地であるNYサウスブロンクス地区も含まれていて、ブレイクビーツ、サンプリング、ライミング等といったヒップホップに必要な基礎のスキルが完成したのもこの地で、クール・DJ・ハークやアフリカ・バンバータ、グランドマスター・フラッシュ等まさにルーツ・アーティストの活動拠点で出身地でいわゆるヒップホップのルーツなところなのです。

特徴

70年代(ヒップホップの発祥当時)はヒップホップはブロック・パーティーをするためのダンスミュージックでした。80年代に入ると黒人達の人権を守るため、また高揚するための社会運動を誘発するためのリリック等がメインになって、ハード・コアな路線もみられるようになってきます。

90年代初めのデ・ラ・ソウルやア・トライブ・コールド・クエスト、ジャングル・ブラザーズをメンバーとするネイティブ・タン一派の登場で巻き起こったニュー・スクール・ムーブメントが作り出した楽しけりゃ何でも有りの路線や、93年のウータン・クラン出現に代表されるハードコア路線の復活、90年中期のバッド・ボーイ・レーベルの大ネタ使いのポップな路線、そして90年後期には西海岸流ギャングスタ・ラップのようなスタイルでのアプローチをするアーティストも登場します。2000年以降は地域性の特徴があるサウンドの統一は、ほぼ見られないスタイルになっています。


アメリカではだんだんとイースト、ウエストの境がなくなって、ラップもウエスト、イーストコースト両方を混ぜたようなスタイルが登場してきて徐々にスタイルも変化を見せています。

注目サイト

高収入・高学歴の入会制限のある東京の結婚相談所

結婚相談所 東京

太陽光発電システムの「費用」や「お見積もり」から「補助金の申請」「施工」「工事」「アフターサポート」まで一貫したサービスを提供

太陽光発電 見積り

原付から400cc超の大型車まで無料で廃車ができる他、手続きや名義変更も代行します。

原付 廃車

細部にこだわったサービスを展開する株式会社ネクサーの紹介ページです。

株式会社ネクサー

最幸の事業体として日本一の店を目指します。

歌舞伎町 ホスト

Last update:2016/8/22